漢方外来

専門外来

漢方外来のご案内

中医学/日本漢方の考えに基づいて、体質に応じた適切な漢方薬・養生のご提案を通しお悩みへアプローチ致します。

保険処方だけでなく保険外の漢方をご提案することも可能です。

西洋の治療と並行して、漢方によるお身体づくり・体質改善に取り組むことで、本来の力を取り戻し不調を取り除きましょう。

 
担当医紹介

薬剤師・国際中医師
猪子 英恵

はじめまして。薬剤師・国際中医師の猪子英恵と申します。

漢方相談に携わるのは約10年になります。現在は東京都・神奈川県のクリニックでの漢方外来の服薬指導・養生指導を通して不妊治療に取り組む患者さまや婦人科系のお悩みを抱える患者さまのお身体作りをサポートしています。男性からの慢性疲労・ストレスケア等のご相談も多数承っております。

また、小児科病棟で勤務しておりました経験を活かし、お子さまのお悩みにも寄り添って参りたいと思います。

 

身体作りの基本は、【自分の体質を知り正しく労わること】

だと考えます。肩の力を抜いて、ご自身を労わるような気持ちでお気軽にご相談ください。

全力でサポートさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

 
 
漢方薬のアプローチ

漢方薬のアプローチには、2つあり、1つは「標治(ひょうち)」といって出ている不調を直接ケアする対処療法、もう1つは「本治(ほんち)」といって、体質改善により症状が起こらない状態を目指します。

本治に重点を置いてご提案することを心がけていますが、標治の処方も組み合わせることで早めに不快な状態をケアすることもできます。

お気軽にご希望をお聞かせくださいね。

 

小児の漢方

お子さまへの漢方については、一つ一つの病気を追いかけるよりも病気にならない体をつくることを大切に考えます。体質改善を通じて、西洋医学とは違ったアプローチを試みることができます。

特に虚弱児、夜尿症、夜驚症、起立性調節障害、風邪(気管支炎を含む)、小児喘息、胃腸疾患は漢方の得意分野です。

 

アレルギーの漢方

花粉症やアトピー性皮膚炎など、同じ病名でも中医学の立場からは、原因となる体質は個人で異なると捉え、必要なアプローチも個々に異なります。鼻水や痒みを落ち着かせる、という対処療法の漢方だけでなく、症状をなるべく起こらないようにする、体質改善が得意分野でもあります。西洋医学との治療と合わせることで相乗効果が期待できます。

 

成人の内科漢方

漢方外来に寄せられるお悩みの相談は、睡眠障害や慢性疲労・ストレスケアなど日常の不調から、多汗・痔・肌荒れなどお身体に起きていらっしゃる不調まで様々です。

お忙しい中ご自身のケアは後回しになりがちですが、「お身体が元気だと心も上向く」ご実感をしていただけると幸いです。

 

更年期の漢方

年齢を重ねたお身体の変化に上手に対応できるよう、漢方でサポートいたします。

「火照り」という症状ひとつを捉えても「熱を冷ますのか」「潤いを足すのか」対処法を間違えると、改善が見られず悪化してしまう事すらあります。しっかりと体質を判別し、毎日を快適に過ごせるようお手伝い致します。

 

月経困難症の漢方

月経に伴う不調は、期間や症状など個人差が大きく、原因につながるお身体の不調をしっかりと見極め、ケアすることが大切だと考えます。

症状が長引くと、「月経に伴う不調は当たり前のこと」となってしまう方もいらっしゃいますが、症状が根深くなる前に、ご自身のケアにいらしていただけると嬉しいです。

 

不妊の漢方

婦人科系の不調を取り除き、子宮や卵巣の本来の力を引き出すお手伝いをいたします。

生理痛、月経周期の乱れなどを整える事で子宮や、卵巣周りの循環代謝を改善させます。

治療中の方は治療効果を高めるようなご提案も致します。

また、男性不妊についても、EDの回復、精子の量、運動率改善のお手伝いが可能です。