内科診療のご案内

内科

 
内科全般

内科疾患は問診、診察のみで診断がつく場合もありますが、診断が難しい場合や重症度の評価、治療法の選択のため、各種検査が必要なこともあります。どのような検査が必要か提案し、納得して検査を受けていただきたいと思っています。

 

体調不良の際に「何科にかかったらよいのか」「もう少し様子をみようか」等をお悩みにならずに、まずはご遠慮なくご来院ください。

症状・お悩み

  • 嘔吐

  • 頭痛

  • 腰痛

  • しびれ

  • 頻尿

  • 血尿

  • 動悸・息切れ など

生活習慣病

  • 健康診断で血圧や血糖値、コレステロール値、尿酸値などの異常を指摘された。

  • 健康診断で「再検査」「異常あり」と判定されたが治療せずに放置している。

  • メタボリック・シンドロームと言われた。

消化器内科

消化器疾患は嘔吐や下痢の症状から胃腸炎など簡単に診断がつく場合もありますが、胃炎と思っていたら実は虫垂炎だったなどの場合があり、注意が必要です。症状・痛みの部位からどの臓器の障害か予想し、場合により血液検査、専門性の高い画像診断検査を行い診断にアプローチします。

また、検診などで、ピロリ菌感染や肝障害を指摘された場合にも、精密検査し、診断・治療まで行っていきます。

 

症状・お悩み

  • 腹痛

  • 嘔吐、吐き気

  • 胃もたれ、胸やけ

  • 背部痛

  • 黒色便

  • 血便

  • 健康診断で便潜血陽性だった

  • 胃カメラを受けたい

  • 大腸カメラを受けたい

  • ピロリ菌検査をしたい など

胃カメラ

胃カメラは口から咽頭、食道、胃、十二指腸を観察していきます。

「胃カメラはつらい」と思われがちですが、経鼻内視鏡を使用した上部内視鏡検査は刺激が少ないため、麻酔なしでもつらさをそれほど感じることはありません。苦痛をできるだけ軽減すべく、丁寧でゆっくりした内視鏡操作を日頃から心がけるようにしています。

よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック
 

大腸カメラ

大腸癌、大腸ポリープの有無を主眼にみる検査です。

大腸ポリープは腺腫で5㎜以上であれば、切除が推奨されるため注意深く観察します。当院では大腸カメラ検査に際し、ポリープ切除術を行うことも可能です。

よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック
 
 
アレルギー科

花粉症、蕁麻疹、喘息、湿疹などのアレルギー疾患に加え、リウマチなどの膠原病、橋本病やバセドウ病などの甲状腺異常をふくむ自己免疫疾患の診療を行います。

花粉症に対する舌下免疫療法や注射(自費)も実施いたします。

アレルギー検査

  • 各種抗原(ダニ、ハウスダスト、杉、ヒノキ、カモガヤ、犬猫、食物など)に対するアレルギー検査

  • 膠原病の各種自己抗体検査(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)、シェーグレン症候群、多発性筋炎など)

  • ​自己免疫疾患の自己抗体検査(橋本病、バセドウ病、自己免疫性肝炎など)

予防接種

インターネット予約が可能です。

​※3日前までに予約ください。

よこすか内科小児科・はるこレディースクリニック
 
 
自費診療